人生崖からドライブ

タイトルから出落ちのひきこもりでニートの崖っぷち人生

本を読むと声が聞こえる

結構前の話ですが「小説を読んでいて声が聞こえる人と聞こえない人がいる」
みたいなニュースを見ました
先に言いますと私は聞こえる派です



でもそう言われると漫画や小説がアニメ化すると「この声じゃない」みたいに
感じる人と感じない人が出るのは納得できますね
声が聞こえる人からしたら人物に合わせて声の高さややわらかさを感じたりしてます
それがアニメになるとどうしても数の限られた声優さんが当てることになりますので
ピッタリなんてのはまず無理です(もちろん声優さんが好きでどの声も脳内再生化でしたら多分違いますが)
でも聞こえない人からすれば最初から声がないので高い・低いなどのイメージはあれどそこまで違和感に
繋がらないかもしれません
まぁこの声優ゴリ押しされてるwみたいな意味での合わないとかもあるでしょうけど


そういえば子供のころは毎週図書館で本を借りてました
一人一度に10冊まで借りられるんですが5冊借りて3日で読むみたいなレベルでした
おしゃれに改装されてからひきこもニートにはレベルが高くて近づけてませんが
今度ゆっくり本読みに行って来ようかと思います
個人的には児童書が好きなんですが好きだった本古いしもう置いてなさそー